BLOGブログ

12フィートコンテナを利用する

12ftコンテナの魅力

12ftコンテナ
今回取り上げるのは12ftコンテナです。
12ftコンテナというのは約2.5m*4.0m程度のコンテナです。
通常よく見かけるのは20ftもしくは40ftのコンテナです。御存知の通り、開口は長手でではなく短手側 約2.5mの幅側に扉が付いています。
しかし、写真でわかるように12ftコンテナに限っては長手側(4m程度)の片面が両開きの扉になっています。
今回はコンテナの頑丈な両開き扉は残したままにしてその内側に壁を設けてそこに扉を取り付けましたのでコンテナの外壁を加工する必要はありません。これなら日曜大工でも楽しみやすいと思います。
置き場所さえあればまずは購入する。法的に問題がなければ壁は木造で作ることができますし、作業が終わったら材料等は中にしまい、次の週にまた工事を始める。サッシなどは今やインターネットで安く購入できますし、ほかの材料もほぼネットやホームセンターで手に入ると思います。
電気工事は電気工事士でなければできませんが、オフグリッドにしてソーラーパネルと大めのポータブル電源で対応というのもありです。ポータブル電源には家庭用と同じく100Vの出力やUSB出力もありますので、4.5畳程度のコンテナでは十分だろうと思います。あとは空調ですね。ヒーターはポータブルのカセットガスストーブも石油ストーブもありますので換気さえ気をつければ大丈夫でしょう。夏に向けては大容量蓄電池でエアコンがベストですが、遮熱をしっかりやって製作する壁を大開口+網戸にしてエアコンに頼らない方法もあるのかもしれません。遮熱、断念がしっかりしていれば狭い部屋で機密もいいのでおもったよりも小さな蓄電池でやっていけるのかもしれません。

チャレンジしたいけどやり方がということでしたら是非、三浦設計にご相談ください。
コンテナその他、手配なども可能です。

SHARE!

BLOG TOP